この漫画は会員登録をしなくても立ち読みができます♪

タイトル名:【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

熟女上司と年若い部下の馴れ初めを試し読み!



→立ち読みこちらをクリック

 

 

どうもおはこんばんにちは!

エロ漫画大好きな35歳の拓也です!

 

 

この記事では人気エロ漫画の『行き遅れBBA孕ませた』の1話をネタバレしつつ、

その見どころをつらつらと紹介していくものです♪

 

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 1話 ネタバレ感想

本漫画の第1話は・・・朝チュン・・・。

 

 

つまり、おはよう!からの

 

 

『やっちまった!』という天地をひっくり返す後悔から始まります(笑)

 

 

主人公の田中が横たわる隣には少し疲れた顔をした熟女様の微笑

 

 

この二人。

 

 

恋人同士でもなんでもなく、単なる上司と部下の関係。

 

 

これはこの二人が将来『どうにかなっちゃう』関係になる物語になります♪

 

⇒2話を読んでみる方はこちらへ(内部リンク)

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 1話 簡単なあらまし

小鳥囀る爽やかでありながらも、センセーショナルな朝を迎えるに至ったその前日の話が1話のメインになります。

 

 

内容は二人の会社や飲み会での日常会になります。

 

 

秋子は社内でも評判の高い才媛で女ながらに出世しており、対して田中はそんな秋子の部下であるものの、集中力散漫で仕事ぶりは適当。

 

 

例えば、ドキュメントがどういう形であるべきなのか田中は分かっていません。

 

 

そんな田中に秋子は苦言を呈するような指摘をするのですが、田中は感謝すらなく、隠れて悪態をつく。

 

 

この二人が明確に変わるのは飲み会の後。

 

 

二人はそれぞれ予定があったのだが、田中の予定は飲み会直後に崩れ去ってしまいます。

 

 

久しぶりの彼女とのデートはご破算となってこの世の終わりみたいな顔をしていたところ、秋子に拾われる。

 

 

というわけです。

 

 

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 1話の感想 田中に一言物申したい

ドキュメントの作成について、田中が指摘されたことがあまりにも基本的過ぎて、ひどい。

 

ドキュメントは秋子さんも指摘してますが、資料は『一目で何の資料かわかる』ことが内容よりも大事です。

 

なぜなら余程言語に難が無ければ、ドキュメントで言いたいことは書かれているからです。

 

 

ドキュメントはレポートとは違うので、冒頭の一文でなにが言いたいのかわからなければなりません。

 

 

田中は会議で『全文朗読するつもりだった』んでしょうか。

 

だとしたら相当なアホです。

 

 

まして、文字が見切れてるとか論外もいいところです。

 

いずれにしても、2年目の社員がやるようなミスではありませんし、

 

 

秋子さんでなくとも、普通に注意されます。

 

厳しい人だと、『行き遅れBBA』なんて陰口叩こうと思えないほどなじられますよ・・・。