この漫画は会員登録をしなくても立ち読みができます♪

タイトル名:【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

熟女上司と年若い部下の馴れ初めを試し読み!


→立ち読みこちらをクリック

 

 

どうもおはこんばんにちは!

エロ漫画大好きな35歳の拓也です!

 

 

この記事では人気エロ漫画の『行き遅れBBA孕ませた』の4話をネタバレしつつ、

その見どころをつらつらと紹介していくものです♪

 

⇒3話を読み忘れた方はこちらへ(内部リンク)

 

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 4話 ネタバレ感想 秋子さんとの恋人未満の関係

本漫画の第4話は新展開。3話で傷心の田中を慰めるために、秋子さんは田中の気のすむまで付き合うことになります♪

 

 

 

つまり、セフレというわけです。

 

 

男に求められることに快感を覚えた秋子は、そんな不名誉な関係でも、良し!とします。

 

 

二人は退勤時間をずらして逢引するようになります!

 

 

この生活は1か月も続き、秋子はすっかり田中に奉仕する喜びを覚えるようになってしまいます♪

 

⇒5話を読んでみる方はこちらへ(内部リンク)

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 4話の感想 年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ

4話はこれまでと違って、ほぼセッ〇スオンリーの話。

 

 

秋子さんの裸、快感に身もだえる姿はむせ返るような色気で眩暈がしそうです(笑)

 

 

作中でも屈指のズリネタだと思います!

 

 

特に中盤付近のアヘ顔の破壊力といったらありません(笑)

 

 

使えるネタだけを集めたい!という方はこの4話は外せないでしょう!

 

 

 

それにしても、田中が結構ムカつきますね(笑)

 

 

もうちょっと真剣に考えてやれよ!って思います。

 

 

34歳ってかなり条件のいい相手だと思うんですけどね。

 

 

確かに34歳というと若くはないし、子どものことを考えれば統計的にもリスクはあります。

 

 

しかしながら、それほど高いリスクというわけでもありません。

 

 

むしろ、メリットのほうがよっぽどあります。

 

 

日本にはこんな格言があります。

 

 

『年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ』

 

 

金の草鞋とは、擦り切れない草鞋という意味合いで、

 

 

方々駆けずり回ってでも年上の女性を嫁に取れということです。

 

 

年上の女性は気配りができることから、重宝がられていた。という格言です。

 

 

 

これは僕が年上の彼女と付き合っていた経験ですが。

 

 

同年代よりもはるかに落ち着いていて精神的にも成熟している。

 

 

こちらの生活水準も理解してくれているからお金もかからない。

 

 

年上はがつがつトゲトゲしていないから、一緒にいて穏やかになれるんですよね。

 

 

年上と付き合ってからというもの、同年代の妙なプライドの高さ、年下の面倒くささはヤバいって感じましたね。

 

 

皆さんもぜひ年上の女性と交際することをお勧めします。